ド淫乱アバズレBITCHの名がふさわしい淫女

世の中には救いようのないほどのド淫乱アバズレBITCHというのは存在するもんなんですね。
自分が予想していた範ちゅうを飛び越え、更に右斜め上を行くような鬼畜と言ってもいいほどのエロい少女と出会いました。
出会い系サイトの掲示板で知り合ったんですが、主に援助交際みたいなやり取りが多いとこで会いました。
彼女にしてみれば、気持ちいい思いしてお金もらえればいいじゃんみたいな考えなんでしょう。
彼女と会ったのはある駅前だったんですが、人気の少ない廃墟じみた家を通った瞬間「ココでヤっちゃおうよ!」とか言い出してきたんです。
まさかの青姦です…しかも都会のど真ん中と言えるような場所でですよ?下着までいつの間に脱いだのって速さで脱いでいて、全裸になると巨乳で、しかも乳首はビンビンに勃起、股を開いて愛撫を要求してきました。
「やばぁぃ…いつもより興奮しちゃうぅ〜」と、白濁マン汁がドロリ…プルプルンと巨乳を揺らしながら、近隣の人に聞こえてしまうんじゃないかってほどの絶叫喘ぎ声とともにアクメに到達し、精液まみれになっていました。
誰か来たら…ってその時は全員で乱交でしょ?と嬉々として笑う彼女は根っからの淫女なのでしょう。